大内眼科は白内障手術・老眼手術(多焦点眼内レンズ)で多数の実績を保有しています

MENU
  1. HOME
  2. 論文・著書・講演・メディア
  3. ~2014年 論文・著書・講演

~2014年 論文・著書・講演

白内障手術実績・手術関連の発表

国際学会

  • Ouchi M, Elimination of Hazy Vision: Diffractive IOL Insertion With Posterior Continuous CurvilinearnCapsulorhexis. American Society of Cataract Refractive Surgery Symposium and Congress(ASCRS), Boston ,USA,4.29. 2014

    講演・受賞映像
  • Ouchi M, High-Cylinder Acrylic Toric Intraocular Lenses versus Combined Surgery of Acrylic Toric Intraocular Lenses and Limbal Relaxing Incisions. American Society of Cataract Refractive Surgery Symposium and Congress(ASCRS), San Francisco,USA,4.22. 2013

  • Ouchi M, Impact of Corneal Diameter on Surgically Induced Astigmatism. American Society of Cataract Refractive Surgery Symposium and Congress(ASCRS), Chicago,USA,4.21. 2012

  • Ouchi M, Combined Surgery of Toric IOL Implantation and Limbal Relaxing Incision During Cataract Surgery for High-Amplitude Astigmatic Eyes..American Society of Cataract Refractive Surgery Symposium and Congress (ASCRS), 3.27.2011, San Diego

  • Ouchi M, The Combination of Toric Intraocular Lens Implantation and Limbal Relaxing Incision During Cataract Surgery for Astigmatism Greater Than 2.5 diopters. .American Society of Cataract Refractive Surgery Symposium and Congress (ASCRS), Boston,USA,2010.4.10

    詳細はこちら 講演・受賞映像
  • Ouchi M, Limbal Relaxing Incision combined with 0.9mm Incision Bimanual Phaco and Implantation of Intra-ocular lens for Micro Incision.American Society of Cataract Refractive Surgery Symposium and Congress(ASCRS), San Francisco,USA,2009.4.4

    詳細はこちら
  • Ouchi M, Acri.LISA Dffractive Single-piece Acrylic Multifocal IOL: Early Clinical Results. American Society of Cataract Refractive Surgery Symposium and Congress(ASCRS), Chicago,USA,2008.4.7

    詳細はこちら
  • Ouchi M, Panelist. Session 1-L Intraocular Surgery; Phaco Technology, Fluidics.American Society of Cataract Refractive Surgery Symposium and Congress(ASCRS), San Diego,USA,2007.4.28.

    詳細はこちら
  • Ouchi M, Kinoshita S : 0.9mm incision Cataract surgery without gas-assisted infusion. American Society of Cataract Refractive Surgery Symposium and Congress(ASCRS), San Diego,USA,2007.4.30.

    詳細はこちら
  • Ouchi M, Fantasti-sleeve. American Society of Cataract Refractive Surgery Symposium and Congress(ASCRS), San Diego,USA,2007.4.30.

  • Ouchi M, Hieda O, Kinoshita S : Aberration correcting effect of ThinOptX IOL. American Society of Cataract Refractive Surgery Symposium and Congress(ASCRS), San Francisco,USA,2006.3.19.

    詳細はこちら
  • Ouchi M, The knack for Micro Incision Cataract Surgery. American Society of Cataract Refractive Surgery Symposium and Congress(ASCRS), San Francisco,USA,2006.3.20.

  • Ouchi M, Hieda O, Kinoshita S:: Visual Function After Microincision Cataract Surgery with ThinOptX IOL Implantation. ASCRS 2005 Symposium& Congress, 2005.4.17, Washington DC,USA

    詳細はこちら
  • Ouchi M, New Phaco Tip for Microincision Cataract Surger. ASCRS 2005 Symposium & Congress, 2005.4.18, Washington DC,USA Video Presentation

  • Ouchi M, Kamei M, West K, Koizumi K, Yasuhara T, Tei M, Komori, H,Yamamoto T, Crabb J, Kimoshita S : Vitreous proteome Analysis An approach to the etiology of Diabetic Macular Edema. 2004 Annual Meeting of the Association for Research in Vision , 2004.4.28, Fort Lauderdale, Florida,USA

    詳細はこちら
  • Ouchi M, Kamei M, K West, Yasuhara T, Tei M, Komori, H, Yamamoto T, Kimoshita S , J.W.Crabb : Proteomic Analysis of vitreous in the presence of diabetic macular edema . 2003 Annual Meeting of the Association for Research in Vision and Ophthalmology , 2003.5.7, Fort Lauderdale, Florida,USA

  • Ouchi M, Kamei M, Yasuhara T, Tei M, Komori, H, Yamamoto T, Kimoshita S : Proteomic Analysis of premacular vitreous from diabetic macular edema with two-dimensional electrophoresis and mass spectrometry 2002 Annual Meeting of the Association for Research in Vision andOphthalmology , 2002.5.5, Fort Lauderdale, Florida,USA

  • Ouchi M, Nakamura K, Mori K, Ikeda T, Kinoshita S : Effect of glucose on hyaluronic acid viscosity and bound water in Vitreous. 1999 Annual Meeting of the Association for Research in Vision and Ophthalmology , 1999.5.10, Fort Lauderdale, Florida,USA

  • Ouchi M, Ikeda T, Nakamura K, Harino S, Yazawa K, Crabtree D : A novel relation of fatty acids with age-related macular degeneration. 1998 Annual Meeting of the Association for Research in Vision and Ophthalmology , 1998.5.11, Fort Lauderdale, Florida,USA

  • Ouchi M, Mori K, Ikeda T, Yoshida T, Kobayashi K, Nakamura K, Kinoshita S : Proton NMR study on Vitreous bound water. 1997 Annual Meeting of the Association for Research in Vision and Ophthalmology , 1997.5.14, Fort Lauderdale, Florida,USA

招待講演

  • :トーリック眼内レンズ使用のコツ、革新的眼内レンズデリバリーシステムの有用性:Alcon Cataract Update Seminar in 札幌,11.24.2014, 札幌

  • :Two revolutions in cataract surgery: 1) Reliable IOL insertion, 2) posterior CCC comboned with diffractive IOL implantation to eliminate post-op worries. Japan-Taiwan Joint Symposium. 11.15.2014, 神戸(Presented in English)

  • :白内障手術―何故上手くいかないのか,どう教えれば良いのか.Alcon スーパーサージャン養成コース.10.12.2014.東京

  • :もっと攻める!白内障手術~Upgrading your practice with us!~Alcon イブニングセミナー.第29回 JSCR.7.12.2014、 福岡

  • :全く新しいIOL挿入法で、白内障手術は次のステージに登った:Alcon ランチョンセミナー.Cataract Update Seminar in 名古屋. 6.28.2014.名古屋

  • :全く新しいIOL挿入法で、白内障手術は次のステージに登った.Refractive Surgery Update Seminar in Kyoto 2014 Alconランチョンセミナー.5.24.2014、京都

  • :ASCRS Review Seminar 4.28.2014, Boston (Presented in Japanese)

  • :MPlusはみんなよりもちょっと寛容だ.第2回独Oculentis GmbH 社ユーザーズミーティング.4.6.2014,東京

  • :白内障手術、何故初心者が上手くいかないか、QOV向上を目指し白内障手術.第5回 Hokkaido Young Surgeon Academy. 3.29.2014、札幌

  • :全く新しいIOL挿入法で、白内障手術は次のステージに登った.第37回日本眼科手術学会Alconランチョンセミナー. 1.18.2014、京都

  • :全く新しいIOL挿入法で、白内障手術は次のステージに登った.第37回日本眼科手術学会Alconランチョンセミナー. 1.18.2014、京都

  • :エタニティー、いつ好きになれる?“今でしょ!!!”第2回JSCRSウィンターセミナー、参天製薬イブニングセミナー. 11.31.2013、東京

  • :白内障手術の必須アイテム-フェイコマシン編-Alconセミナー. 11.16.2013、札幌

  • : 難症例・合併症の手術戦略手術手技.第3回北陸クリスタルミーティング. 10.26.2013、金沢

  • :これだけは知っておきたい、多焦点眼内レンズの臨床.第4回 愛知県眼科医会学術研修会. 10.5.2013、名古屋

  • :スタート!マルチフォーカルIOL。不安と不満の少ないものから.第49回 日本眼光学学会 HOYAモーニングセミナー. 9.8.2013、京都

  • :乱視矯正のコツと注意点.Refractive Surgery Update Seminar 2013 in Kyoto.7.20.2013、 京都

  • :今明かす、手術テクニックの全てとその習得法.第28回 JSCRS、Alconイブニングセミナー.6.28.2013、 浦安

  • :知識と手技で乗り切る、難症例.合併症処理.第4回 Hokkaido Young Surgeon Academy.3.31.2013、札幌

  • :知識と手技で乗り切る、難症例.合併症処理.ケルマンチップとOZILを使いこなそう.北関東手術検討会.11.8.2012、宇都宮

  • :知識と手技で乗り切る、難症例.合併症処理.金沢医大イブニングセミナー.10.10.2012、金沢

  • :知識と手技で乗り切る、難症例.合併症処理.Alcon Akita Academy.10.6.2012、秋田

  • :術中乱視矯正のコツと注意点.トーリックIOLセミナー in 京都.8.25.2012,京都

  • :教えたい。今なおINFINITIを勧める理由.第27回 日本白内障屈折手術学会 イブニングセミナー.6.15.2012、東京

  • :あなたのインフィニティは、もっとハイパフォーマンスのはず.OZIL IPセミナー.5.12.2012,東京

  • :ASCRS Review Seminar 4.23.2012, Chicago (Presented in Japanese)

  • :難症例・合併症処理・極小切開・バイマニュアル、時間の限り行きましょう 第3回 Hokkaido Young Surgeon Academy.3.17.2012,札幌

  • :IOL挿入のコツ.極小切開導入セミナーin 大阪―マシン/ナイフ/レンズをどうするか?.11.12.2011.大阪

  • :白内障手術、難症例.合併症処理.第165回東邦大学眼科学術研究会.10.19.2011、東京

  • :トーリック?LRI?どちらも極小切開が「ベストフレンズ」.第47回日本眼光学学会HOYAイブニングセミナー.9.3.2011、東京

  • :2011私がOZILを選んだ理由.第26回日本眼内レンズ屈折手術学会アルコンランチョンセミナー.6.17.2011

  • 白内障手術アップデート.佐賀眼科学術集団会.1.8.2011, 佐賀

  • :乱視矯正?QOV?だったら先ずは、極小でいかなきゃ.第25回日本眼内レンズ屈折手術学会 HOYAイブニングセミナー.6.25.2010、大阪

  • :白内障手術体験アンビリーバボー.第25回日本眼内レンズ屈折手術学会 参天製薬フェアウェルセミナー.6.27.2010、大阪

  • 白内障手術アップデート.北部サージェリーの会4.24.2010、福知山

  • :ASCRS High light Seminar 4.10.2010, Boston (Presented in Japanese)

  • :新しいベンチュリーポンプ超音波乳化吸引装置の検証:極小切開手術の場合.第33回日本眼科手術学会 ボシュロム ランチョンセミナー1.23.2010、東京

  • :トーリックレンズ、非球面レンズって、どうなの?アルコン サテライトカンファレンス.10.1.2009、全国配信

  • :ここまで進化している、2009年の極小切開白内障手術.滋賀県眼科医会秋期講演会、9.27.2009、滋賀

  • :白内障手術アップデート、そろそろ、もう一段きれいな手術にしませんか?.京都眼科医会夏期集団会、8.1.2009、京都

  • :Bimanual Phaco & Limbal relaxing incision combined surgery. Alcon New Generation Cat-Surgeon Meeting, Tokyo, 6.26,2009. (Presented in English)

  • :Bimanual Phaco & Limbal relaxing incision combined surgery. Alcon New Generation Cat-Surgeon Meeting, Tokyo, 6.26,2009. (Presented in English)

  • :マルチフォーカルIOLによる老視手術.LASIK関西 教育セミナー、7.4.2009、京都

  • :ASCRS Review Seminar 4.7.2009, San Francisco (Presented in Japanese)

  • :解説!多焦点眼内レンズ.第8回 順天堂静岡、国際医療福祉大学 合同研究会、3.5.2009、静岡

  • :解説!多焦点眼内レンズ.第42回 京滋眼科臨床懇話会、12.6.2008、京都

  • :徹底比較、マルチフォーカルレンズ、Acri.LISA.老眼研究会、第23回日本眼内レンズ屈折手術学会モーニングセミナー.6.22.2008、東京

  • :極小切開眼内レンズ挿入のコツ.第23回 日本眼内レンズ屈折手術学会HOYAランチョンセミナー、6.20.2008、東京

  • :ASCRS Review Seminar 4.8.2008, Chicago (Presented in Japanese)

  • :非球面回折型アクリル多焦点眼内レンズAcri. LISA356Dの臨床成績.第1回Acri.Tecワークショップ、2.3.2008、横浜

  • :Bimanual Phacoのすすめ~PEA + IOLは1.5mmで完了する.福岡眼科ミーティング「秋桜クラブ」、2007.10.6、福岡

  • :眼科代替治療レビュー 眼内レンズから.第1回 眼科抗加齢医学研究会,東京,6.24.2007.

  • :極小切開は本当に必要か、本当に有効か.第3回 ODAIBA Basic Clinical Ophthalmojogy Series,東京,2.18.2006.

  • :「2005年、白内障手術極小切開移行期間を迎えて」第36回 京滋眼科臨床懇話会、2005, 5.14、京都

  • :「極小切開白内障手術をご理解いただくために」第3回 福岡眼科手術の会、2005, 3.13、福岡

シンポジウム等

  • 、太田俊彦、松島博之、飯田嘉彦:インストラクションコース:前眼部術者のための破嚢処理フルコース.第68回日本臨床眼科学会.11.16.2014、神戸

  • 、鈴木久晴、小川智一郎、永田万由美:インストラクションコース:核分割徹底解説.第68回日本臨床眼科学会.11.14.2014、神戸

  • 、三戸岡克哉、飯田嘉彦、後藤憲仁、小川智一郎:みんなで考える白内障手術:QOVにこだわろう。第29回 JSCR.7.12.2014、 福岡

  • 、柴琢也、鈴木久晴、森山涼:みんなで考える白内障手術:前眼部術者のための破嚢・合併症処理。第29回 JSCR.7.12.2014、 福岡

  • :インストラクションコース:前眼部術者による破嚢処理.第37回日本眼科手術学会. 1.17.2014、京都

  • 多焦点眼内レンズアップデート.第2回JSCRSウィンターセミナーシンポジウム. 12.1.2013、東京

  • :核分割徹底解説-フェイコチョップ編-.第67回日本臨床眼科学会インストラクションコース. 10.2.2013、横浜

  • :インストラクションコース、みんなで考える白内障手術―QOVにこだわろうー.第28回JSCRS.6.29.2013、浦安

  • :教育講演―術後評価:惹起乱視.第28回JSCRS.6.28.2013、浦安

  • :インストラクションコース、みんなで考える白内障手術―術中合併症―.第28回JSCRS.6.28.2013、浦安

  • :術中乱視矯正のポイント.インストラクションコース 第 回日本臨床眼科学会.10.28.2012、京都

  • :みんなで考える白内障手術―術中乱視矯正の細かいコツ. 第27回 日本白内障屈折手術学会 インストラクションコース.6.15.2012、東京

  • :LRIの実際.第27回 日本白内障屈折手術学会 教育セミナー.6.17.2012、東京

  • :屈折矯正白内障手術の準備と実際―術中乱視矯正トーリックIOLとLRI(輪部減張切開術)第35回手術学会 インストラクションコース.1. 28.2012、名古屋

  • :インストラクションコース、裸眼視力の向上を目指した白内障手術:LRIとトーリック眼内レンズ.第34回日本眼科手術学会.1.28.2011、京都

  • :インストラクションコース 白内障手術時の乱視矯正を極めよう2,初心者の陥りやすいトラブル .第65回日本臨床眼科学会.10.9.2011、東京

  • :インストラクションコース.白内障手術時の乱視矯正-乱視矯正角膜周辺部切開術・乱視矯正眼内レンズ;初心者の陥りやすいトラブル.第64回 日本臨床眼科学会.11.14.2010、神戸

  • :シンポジウム4白内障難症例に対する最新の手術手技:固い核 手術のコツ.第33回日本眼科手術学会.10.11.2009 福岡

  • :乱視矯正角膜周辺部切開を使いこなそう:初心者の陥りやすいトラブル.第24回日本眼内レンズ屈折手術学会.1.23.2010、東京

  • :シンポジウム4白内障難症例に対する最新の手術手技:固い核 手術のコツ.第33回日本眼科手術学会、1.23.2010、東京

  • :乱視矯正角膜周辺部切開を使いこなそう:初心者の陥りやすいトラブル.第63回日本臨床眼科学会インストラクションコース.10.11.2009 福岡

  • :シンポジウム「眼内レンズの使い分け」~選択基準は1つじゃない~極小切開用眼内レンズ.第63回日本臨床眼科学会インストラクションコース.10.11.2009 福岡

  • :ビデオ展示 極小切開手術のコツ.第32回日本眼科手術学会.2009、神戸

  • :シンポジウム「眼内レンズの使い分け」~選択基準は1つじゃない~極小切開用眼内レンズ.第24回日本眼内レンズ屈折手術学会.6.27.2009、東京

  • :インストラクションコース、角膜輪部減張切開術による乱視矯正.第32回日本眼科手術学会、1.23.2009、神戸

  • : 会長特別企画. 「破嚢時の、硝子体・残存核処理 角膜切開の場合」. 2007.6.30、松山

    詳細はこちら
  • :シンポジウム「極小切開白内障手術」Bimanual Micro Phacoのコツと注意点 第30回日本眼科手術学会,1.27.2007.

    詳細はこちら
  • : 「こうすればできる、バイマニュアルによる極小切開手術ー何故最初はう まくいかないかー」第60回日本臨床眼科学会インストラクションコース,2006.10.6 京都

  • 「極小切開白内障手術への安全な移行ー角膜切開からー」第29回日本眼科手術学会インストラクションコース,東京,1.28.2006.

  • 、田中孝男、黒坂大二郎、常岡寛: 「バイマニュアル・フェイコ・サージェリーを理解するー角膜切開からー」2005.10.9 札幌

  • : シンポジウム「極小切開手術と極小切開対応IOL」. 、2005.6.17、京都

    詳細はこちら
  • : コメディカルプログラム「白内障・網膜外来編」. 、2005.6.17、京都

  • : 極小切開白内障手術のコツとトラブルシューティング/ThinOptX眼内レンズの挿入法., 2005,1.29,大阪

  • 、三戸岡克哉、池田宏一郎、常岡寛:「極小切開白内障手術の時代になります」第58回日本臨床眼科学会、インストラクションコース、2004,11.12、東京

    詳細はこちら
  • : 極小切開白内障手術の問題点と改良点. 2004.1.29 東京

  • 、池田宏一郎、三戸岡克哉、常岡寛、「小切開白内障手術から極小切開白内障手術へ」. インストラクションコース 2003.11.3 名古屋

一般講演

  • : 紫色光吸収剤含有及び非含有アクリル/メタクリル共重合眼内レンズの術後視機能比較.第68回 日本臨床眼科学会.11.13.2014、神戸

  • : 電動インジェクターによる、創口ストレス軽減効果の検討.第29回 JSCRS、.7.11.2014、 福岡

  • : 後嚢連続円形切開併用 回折型多焦点眼内レンズ挿入手術. 第37回 日本眼科手術学会.2014、京都

  • : ハイリスク眼に対する屈折型多焦点眼内レンズの挿入成績. 第28回JSCRS.6.28.2013、浦安

  • : 高度乱視の術式比較;LRI併用トーリック挿入と、高円柱加入トーリック単独.第36回 日本眼科手術学会.1.27.2013、福岡

  • : セクター型屈折型多焦点眼内レンズ:MPlusの臨床成績.第 回日本臨床眼科学会.5.27.2011、京都

  • : 小切開、極小切開手術における、手術惹起乱視への角膜径の影響.第27回 日本白内障屈折手術学会.6.17.2012, 東京

  • : インジェクターによる眼内レンズ挿入速度と創口ストレスの関係.第35回 日本眼科手術学会.1.27.2012, 名古屋

  • : 手術惹起乱視への角膜径の影響.第65回日本臨床眼科学会.10.8.2011、東京

  • : 輪部減張切開術併用、多焦点眼内レンズ挿入手術の臨床成績.第26回日本眼内レンズ屈折手術学会.6.17.2011、福岡

  • : 22ゲージチップとi-MICS-1を用いた、1.8mm切開創からのコアキシャル白内障手術. 第34回日本眼科手術学会.1.29.2011、 京都

  • : 極小切開手術における、輪部減張切開術の併用による術後屈折誤差.第64回 日本臨床眼科学会.11.13.2010、神戸

  • : 高度乱視眼に対する、トーリック眼内レンズ挿入術、輪部減張切開術の同時手術.第25回日本眼内レンズ屈折手術学会.6.26.2010、大阪

  • : 輪部減張切開併用、バイマニュアルフェイコ+極小切開眼内レンズ挿入手術の長期成績.第33回日本眼科手術学会、1.22.2010、東京

  • : 1.8mm切開創からの、コアキシャルフェイコによる白内障眼内レンズ手術.第63回日本臨床眼科学会、10.10.2009、福岡

  • : 各種単焦点眼内レンズの明視域.第24回日本眼内レンズ屈折手術学会、6.27.2009、東京

  • : 切開創が相互干渉しない、輪部減張切開術、角膜切開白内障同時手術の臨床成績.第32回日本眼科手術学会、1.23.2009、神戸

  • : 単焦点眼内レンズの焦点深度.第62回日本臨床眼科学会、25.10.2008、東京

  • : 輪部減張切開併用、0.9mm極小切開白内障手術の臨床成績.第23回 日本眼内レンズ屈折手術学会、6.21.2008、東京

  • : 新しい、非球面回折型多焦点眼内レンズAcri. LISA356Dの使用経験.第31回日本眼科手術学会、2.1.2008、横浜

  • : 超短眼軸眼に対する、25G硝子体カッター併用、極小切開対応超薄型眼内レンズ重ね入れ.第61回日本臨床眼科学会、2007.10.12、京都

  • 極小切開対応保険適応眼内レンズの早期成績.第22回日本眼内レンズ屈折手術学会、2007.6.29、松山

  • : 0.9mm切開創 極小切開白内障手術.第30回日本眼科手術学会、01.26.2007、京都

  • : Co-Axial phacoにおけるスリーブの働きに関する一考察.、2006.10.5、京都

  • : バイマニュアルフェイコ、小瞳孔例への対応.、2006.6.16、東京

  • : 稗田牧、木下茂:ThinOptX 眼内レンズを用いた完全極小切開手術眼の術後中期成績: 第一報.
    第29回日本眼科手術学会、東京、1.27.2006.

  • : 稗田牧、木下茂:ThinOptX rollable 眼内レンズを移植した完全極小切開手術眼の眼内収差.:、2005.10.7、札幌

  • : 木下茂:新しい同軸灌流チョッパーと極小切開白内障手術のコツ.:、2005.6.18、京都

  • : 稗田牧、木下茂:ThinOptX rollable IOLを用いた完全極小切開白内障手術の視機能.、2005, 1.28、大阪

  • : 金井英貴、小森秀樹、鄭守、安原徹、木下茂:ThinOptX rollable IOLを用いた完全極小切開白内障手術併用、硝子体トリプル手術.、2004, 12.4、前橋

  • : 木下茂:プレチョップ完全極小切開白内障手術~PEA+IOLは1.6mmで完了する~.. 、2004, 11.11、東京

  • 、木下茂:完全極小切開白内障手術ーPEA+IOLは1.6mmで完了するー.第19回日本眼内レンズ屈折手術学会、2004.6.26、福岡

    詳細はこちら
  • 、木下茂:PEA+IOLは1.6mmで完了する~完全極小切開白内障手術~. 、2004, 6,20、京都

  • 、瓶井資弘、Karen West,安原徹、鄭守、小森秀樹、山本恭三、John W.Crabb 木下茂:
    糖尿病黄斑浮腫関連タンパク質のプロテオーム解析.、2004. 4.18、東京

  • 、鄭 守、木下 茂:硝子体プロテオーム解析の問題点.、2004、4,15,東京

  • 、木下茂:プレチョップ極小切開白内障手術,、2004.1.30 東京

  • 、小泉閑、安原徹、鄭守、小森秀樹、山本恭三:低出力短時間経瞳孔的温熱療法が奏功した脈絡膜血管腫。、2003、12.13,福岡

  • 、木下茂:極小切開白内障手術用、新型フェイコチョッパー.、2003.6.28、京都

  • 、木下茂:極小切開白内障手術用、新型超音波チップ.、2003.1.31,京都

  • 、瓶井資弘、安原徹、鄭守、小森秀樹、山本恭三、木下茂:糖尿病黄斑浮腫の硝子体におけるプロテオーム解析。、2002. 11.8、東京

  • 、木下茂:1.3mm極小切開白内障手術. 、2002, 6,16、京都

  • 、瓶井資弘、安原徹、鄭守、小森秀樹、山本恭三、木下茂:糖尿病黄斑浮腫の硝子体におけるプロテオーム解析.、2002. 5.25、仙台

  • 、山本恭三、小森秀樹、鄭 守、安原 徹、瓶井資弘、木下 茂:黄斑前硝子体の蛋白質濃度と電気泳動パターンの疾患別比較.、2001.11.30、名古屋

  • 、小泉閑、安原徹、鄭守、木下茂:京都府立医科大学眼科学教室における最近1年間の網膜硝子体手術の現況.、2000.11.3, 東京

  • 、小泉閑、安原徹、鄭守、木下茂:網膜中心静脈閉塞症に対する網膜脈絡膜静脈吻合をねらった早期硝子体手術の成績. 、2000.10.6、神戸

市民講座等

  • :「疲れ目、目がクシャクシャ、それドライアイじゃないですか」. 京都府歯科医師会「いい歯の日週間」念行 事府民公開講座.2005、11,5、 京都

  • :「白内障手術であなたも若返り」 京都府府民公開講座.2002、7,18、 京都

英文総説

  • Ouchi M. Strategies for Astigmatism Correction in MICS. Cataract Refractive Surgery Today Europe. MAY 2011

著書

  • :白内障手術の合併症の対応―破嚢処理、小切開硝子体手術入門、メジカルビュー社、東京、2014

  • :トーリック眼内レンズとLRIの効果.眼科診療クオリファイ20眼内レンズの使い方、中山書店、東京、2014

  • :多焦点眼内レンズとLRIの併用手術.眼科診療クオリファイ20眼内レンズの使い方、中山書店、東京、2014

  • :8眼内レンズ挿入.イラスト眼科手術シリーズ1白内障、金原出版、東京、2012

  • :5特殊な状況下での白内障手術.イラスト眼科手術シリーズ1白内障、金原出版、東京、2012

  • :眼手術学 第Ⅶ章 特殊な白内障 4輪部減張切開術.文光堂、東京.2012

  • :Bimanual Phacoは、知識があれば簡単に出来る.眼科診療のコツと落とし穴 手術編 第4章 白内障.中山書店、東京.2008

  • :Multi focal IOL、症例選択とムンテラのコツ.眼科診療のコツと落とし穴 手術編 第4章 白内障.中山書店、東京.2008

  • :白内障手術、極小切開完全マスター.眼科インストラクションコース9. メジカルビュー社、東京.2006

  • :速報_極小切開用器具.眼科インストラクションコース6.メジカルビュー社、東京.2006

  • :極小切開対応眼内レンズ.眼内レンズを科学する.メディカル葵出版、東京.2005

  • :コンタクトレンズ処方のはてな.眼科ケア夏期増刊 屈折矯正のはてな100、pp134ー139,メディカ出版、東京、2005.

  • :コンタクトレンズと点眼薬.PRACTICAL OPHTHALMOLOGY  94、pp103,文光堂、東京、2003.

英文原著

  • Ouchi M. Kinoshita S. High-cylinder toric intraocular lens implantation versus combined surgery of low-cylinder intraocular lens implantation and limbal relaxing incision for high-astigmatism eyes. Clinical Ophthalmology 8. 661-7, 2014.

  • Ouchi M. Effect of intraocular lens insertion speed on surgical wound structure.J Cataract Refract Surg. 38(10):1771-6, 2012

  • Ouchi M, Kinoshita S. AcrySof IQ Toric IOL Implantation Combined With Limbal Relaxing Incision During Cataract Surgery for Eyes With Astigmatism > 2.5D. J Refractive Surg. 27:643-647, 2011

  • Ouchi M, Kinoshita S. Prospective Randomized Trial of Limbal Relaxing Incisions Combined With Microincision Cataract Surgery. J Refractive Surg. 26:594-599, 2010

  • Ouchi M, Kinoshita S. Aberration correcting effect of ThinOptX IOL. Eye:23(3): 703-707,2009.

  • Ouchi M, West K, W. Crabb W J, Kinoshita S, Kamei M. Proteomic analysis of vitreous from diabeticmacular edema. Experimental Eye Research:81(2): 176-182,2005

  • Ouchi M, Ikeda T, Nakamura K, Harino S, Kinoshita S: A novel relation of fatty acid with age-related macular degeneration. Ophthalmologica 216(5): 363-367, 2002.

和文総説、解説など

  • :切開と縫合の基本:白内障手術。 眼科手術27: 149-155, 2014

  • :特集 新しい多焦点眼内レンズ iSii(HOYA社).IOL&RS,28:248-251, 2014

  • :手術器具 AutoSert.IOL&RS, 28:2194-196, 2014

  • :セクター型屈折型多焦点眼内レンズ(MPlus:Oculentis社).眼科手術 :26: 403-40、2013

  • :惹起乱視. IOL&RS, 27 101-104, 2013

  • :眼科スタッフによる検査のコツ 輪部減張切開術に必要な検査.IOL & RS、26(3): 331-334,2012

  • :乱視矯正における乱視軸確認の重要性、特集 屈折矯正(角膜編).あたらしい眼科 臨増:170-172,2012

  • :白内障術中乱視矯正―トーリック眼内レンズとLRI(輪部減張切開術)―.眼科手術24: 35-40,2011

  • :超音波白内障手術装置 ステラリス.IOL&RS: 24: 486-489, 2010

  • :術中アベロメーターORange. IOL&RS. 24: 253-256, 2010

  • :白内障手術の論点:バイマニュアルフェイコ.IOL & RS 24 75-78, 2010.

  • :特集 付加価値IOLの使い分け:極小切開用眼内レンズを使い分ける.
    IOL & RS 23 366-370, 2009.

  • :特集 多焦点眼内レンズの実際ー手術の注意点.IOL & RS 22 277-281, 2008.

  • :特集 極小切開対白内障手術ーBimanual Phaco で極小切開手術を行う上での注意点.
    眼科 48(13) 1901-1907, 2006.

  • :特集 新しい眼内レンズの成績―極小切開対応眼内レンズー.IOL&RS 19(3) 280-285, 2005.

  • :特集 白内障手術―切開創2mmの時代― さらなる小切開への対応.眼科手術(18) 489-493, 2005.

  • :眼内レンズセミナー220.Rollable 眼内レンズを用いた1.6mm切開創白内障手術.あたらしい眼科 (21) 1651-1652, 2004.

  • :Eye Surgery バトルロイヤル 網膜硝子体手術2「未来への布石」眼紀(55):762-763、2004.

  • :前眼部疾患の診断と治療  眼瞼下垂 眼科ケア 6(8):745-748 , 2004.

  • :前眼部疾患の診断と治療  屈折矯正手術 眼科ケア 6(7):657-660 , 2004.

  • :前眼部疾患の診断と治療  開放隅角緑内障 眼科ケア 6(6):553-556 , 2004.

  • :前眼部疾患の診断と治療  アレルギー性結膜炎 眼科ケア 6(5):457-460 , 2004.

  • :前眼部疾患の診断と治療  眼窩壁骨折 眼科ケア 6(4):353-356 , 2004.

  • :前眼部疾患の診断と治療  重症ドライアイ 眼科ケア 6(3):249-252 , 2004.

  • :前眼部疾患の診断と治療  結膜弛緩症 眼科ケア 6(2):145-148 , 2004.

  • :前眼部疾患の診断と治療  完全極小切開白内障手術 眼科ケア 6(10):57-60、2004.

  • :前眼部疾患の診断と治療  白内障 眼科ケア 6(1):49-52 , 2004.

  • :眼底疾患の診断と治療  穿孔性眼外傷 眼科ケア 5:1005-1008 , 2003.

  • :Epitherial Splitting について あたらしい眼科20(臨増):140-142、2003

  • :眼底疾患の診断と治療  眼内炎 その1 眼科ケア 5(9):813-820, 2003.

  • :眼内レンズセミナー203. 極小切開白内障手術用、新型超音波チップ. あたらしい眼科 (20) 953-954, 2003.

  • :眼底疾患の診断と治療  網膜血管閉塞症 その2 眼科ケア 5(4):341-344 , 2003.

  • :眼底疾患の診断と治療  網膜血管閉塞症 その1 眼科ケア 5(3): 237-240, 2003.

  • :眼底疾患の診断と治療  加齢黄斑変性症 その1 眼科ケア 4(9):857-860,2002.

  • :眼底疾患の診断と治療  網膜剥離 その3 眼科ケア 4(8):764-767,2002.

  • :眼底疾患の診断と治療  網膜剥離 その1 眼科ケア 4(6):565-568,2002.

  • :眼底疾患の診断と治療  糖尿病網膜症 その2 眼科ケア 4(3):239-242,2002.

  • :眼底疾患の診断と治療  糖尿病網膜症 その1 眼科ケア 4(1):44-47,2002.

和文原著

  • :セクター型屈折型多焦点眼内レンズMPlusの臨床成績.眼科手術 :26: 603-607、2013

  • :高度乱視合併眼に対する、2種類の術式比較―高円柱加入トーリック眼内レンズ挿入と、トーリック眼内レンズ挿入+輪部減張切開術―.眼科手術 :26: 495-498、2013

  • :インジェクターによる眼内レンズ挿入速度と創口ストレスの関係.IOL & RS、26:85-89, 2012

  • :1.8 mm切開創からのコアキシャル極小切開白内障手術. 眼科手術24 : 81-85, 2011

  • :高度乱視眼に対する、トーリック眼内レンズ挿入、輪部減張切開術同時手術. 眼科手術23: 614-618, 2010

  • :輪部減張切開術併用、極小切開白内障手術の臨床成績.眼科手術22:379-384、2009

  • :非球面回折型アクリル多焦点眼内レンズ、Acri.LISAの臨床成績.眼科手術22:225-229、2009

  • :極小切開対応眼内レンズ HOYA C-60Hの早期臨床成績.IOL & RS 22(1) 67-72、2008.

  • :0.9mm切開創白内障手術.眼科手術(20):433-437、2007.

  • :Co-Axial Phacoにおけるスリーブの物理的機能.あたらしい眼科(24) :231-235、2007

  • :新しい超音波チップと灌流チョッパーを用いた極小切開白内障手術.  IOL&RS
    眼科ケア 18(2):143-146, 2004.

  • , 上野盛夫、石野豊:眼科領域における最近の医療機器.学会新報 22 (15):5-8、2001

  • , 小玉裕司, 丸山勝巳,北浦孝一:ソフトコンタクトレンズ装用上のEpithelial Splittingについて.
    日本コンタクトレンズ学会誌43:12-14,2001

  • , 池田恒彦:硝子体手術中に眼内異物が発見された網膜剥離の3例.あたらしい眼科 17(8):1151-1154,2000.

  • , 池田恒彦::光凝固療法を試みた腎癌原発の転移性脈絡膜腫瘍の1例.臨床眼科53(11):1803-1808,1999.

  • ,張野正誉,中村公俊,池田恒彦:加齢黄斑変性症における血中脂肪酸分画の検討.公立南丹病院医学雑誌2 (1):70-78, 1998.

  • , 安原徹, 小泉閑, 澤浩, 池田恒彦, 木下茂:網膜下出血を伴う増殖糖尿病網膜症の臨床的特徴.日本眼科紀要 49(7):592-596,1998.

  • , 池田恒彦:網膜下出血を伴う増殖糖尿病網膜症の検討.公立南丹病院医学雑誌 1 (1):91-95, 1997.

  • ,永松良介,前田耕志:C型肝炎のインターフェロン投与中にみられる網膜病変の検討ーその投与量についてー.あたらしい眼科 11(10) :1631-1634, 1994.

  • ,照林宏文,赤木好男:レーザーフレアセルメーターによる糖尿病性虹毛様体異常の検討.眼科臨床医報 86(8):11-14, 1992.

ライブサージェリー

  • 白内障手術7例(トーリック眼内レンズ、LRI併施、トーリック多焦点眼内レンズ2例、多焦点眼内レンズ後嚢CCC併施2例、若年白色白内障)11.7.2014

  • :極小切開白内障手術3例 2005.8.6

    詳細はこちら

老眼手術(多焦点眼内レンズ)関連

国際学会

  • Ouchi M, Elimination of Hazy Vision: Diffractive IOL Insertion With Posterior Continuous CurvilinearnCapsulorhexis. American Society of Cataract Refractive Surgery Symposium and Congress(ASCRS), Boston ,USA,4.29. 2014

  • Ouchi M, Acri.LISA Dffractive Single-piece Acrylic Multifocal IOL: Early Clinical Results. American Society of Cataract Refractive
    Surgery Symposium and Congress(ASCRS), Chicago,USA,2008.4.7

    詳細はこちら

招待講演

  • :MPlusはみんなよりもちょっと寛容だ.第2回独Oculentis GmbH 社ユーザーズミーティング.4.6.2014,東京

  • :これだけは知っておきたい、多焦点眼内レンズの臨床.第4回 愛知県眼科医会学術研修会. 10.5.2013、名古屋

  • :マルチフォーカルIOLによる老視手術.LASIK関西 教育セミナー、7.4.2009、京都

  • :解説!多焦点眼内レンズ.第8回 順天堂静岡、国際医療福祉大学 合同研究会、3.5.2009、静岡

  • :解説!多焦点眼内レンズ.第42回 京滋眼科臨床懇話会、12.6.2008、京都

  • :徹底比較、マルチフォーカルレンズ、Acri.LISA.老眼研究会、第23回日本眼内レンズ屈折手術学会モーニングセミナー.6.22.2008、東京

  • :非球面回折型アクリル多焦点眼内レンズAcri. LISA356Dの臨床成績.第1回Acri.Tecワークショップ、2.3.2008、横浜

  • :眼科代替治療レビュー 眼内レンズから.第1回 眼科抗加齢医学研究会,東京,6.24.2007.

一般講演

  • : 後嚢連続円形切開併用 回折型多焦点眼内レンズ挿入手術. 第37回 日本眼科手術学会.1.19.2014、京都

  • : ハイリスク眼に対する屈折型多焦点眼内レンズの挿入成績. 第28回JSCRS.6.28.2013、浦安、2.1.2008、横浜

  • : セクター型屈折型多焦点眼内レンズ:MPlusの臨床成績.第65回日本臨床眼科学会.5.27.2011、京都

  • : 新しい、非球面回折型多焦点眼内レンズAcri. LISA356Dの使用経験.第31回日本眼科手術学会、2.1.2008、横浜

著書・論文

  • :多焦点眼内レンズとLRIの併用手術.眼科診療クオリファイ20眼内レンズの使い方、中山書店、東京、2014

  • :セクター型屈折型多焦点眼内レンズ(MPlus:Oculentis社).眼科手術 :26: 403-40、2013

  • :セクター型屈折型多焦点眼内レンズMPlusの臨床成績.眼科手術 :26: 603-607、2013

  • :非球面回折型アクリル多焦点眼内レンズ、Acri.LISAの臨床成績.眼科手術22:225-229、2009

  • :特集 多焦点眼内レンズの実際ー手術の注意点.IOL & RS 22 277-281,2008.

  • :Multi focal IOL、症例選択とムンテラのコツ.眼科診療のコツと落とし穴 手術編 第4章 白内障.中山書店、東京.2008

Page top