大内眼科は白内障手術・老眼手術(多焦点眼内レンズ)で多数の実績を保有しています

MENU
  1. HOME
  2. 白内障について

白内障について

白内障とは、目のレンズである水晶体が白く濁る病気です

白内障とは、目のレンズとして機能している水晶体が白く濁る病気です。黒目が白く見える、目がかすむ、視力が低下するなどの症状がみられ、老化現象のひとつです。水晶体のたんぱく質が変化してしまうことが原因で、緑内障や網膜剥離の手術を受けた場合、糖尿病、アトピー性皮膚炎、外傷などによっても起こります。

全ての光や映像は、水晶体を通って眼の中に入ってくる
水晶体が濁ってくるのが、白内障
(濁ったレンズを通して見るから見にくい)

残念ながら・・・・一度濁ってしまった水晶体は、再びきれいにはならない。

Page top