»続きを読む

大内眼科は白内障手術・多焦点眼内レンズで多数の実績を保有しています

MENU

眼の手術は、「治す」と「綺麗に治す」で大きく違う

あらゆる診療科、手術が、そうだと思うのですが、白内障手術は特に多くの施設で行われています。そしてそこには、「病気が治れば良い」と漫然と同じ手術デザイン、同じ手技で行っているところもあれば、向上心を持って,常に新しい技術を勉強したり、他の術者の手技を取り入れようと言う意欲的な先生もいます。そんな、意欲的な白内障手術医の先生方に向けた手術セミナーを企画、開催しました。ひと口に白内障手術と言っても今は、保険診療手術から、プレミアムな自費診療手術までバリエーションが有り、生体側にも、手術の易しい眼、難しい眼など様々なケースがあります。



そんな、白内障手術のA to Zをレクチャーする会のプログラムを考え、講師の先生の手配から時間配分、関連企業様への協賛のお願いなど、一年弱をかけて作りあげ、講師としても講演してきました。土曜の午後から日曜の午後まで,東京のホテルに缶詰になって学ぶこの会、今年は、250名に設定した定員に対し、全国から熱心な先生方が260名以上、少々窮屈な中で聴き入ってくれました。



この様な、手術に対する向上心や熱意は、当然そのまま、その先生の手術の質にも反映されますが、一般の患者様には、なかなか、それを判別する術を思いつかないが現状だと思います。

それは、プロの料理人達は、本当に腕の良い板前を知っているけれど、私たちは、雑誌に載っているお店が「美味しいお店」と思い込んでしまい、本当に腕利きの料理人を、実は知らないのと似ています。料理もただ「お腹が膨れれば良い」のではなく、センスに加えて、きちっとした知識や手順で作られる、「料理人仲間が認め、安定的に美味しい料理が提供される店」で頂きたいでしょう。

 Doctor’s Teacher

 医療機関のホームページには、各施設とも様々に魅力的な事が書かれていますが、診療水準の本質的な違いは、意外に簡単に判断することが出来るものです。自分が受けようと思う手術、分野での講演や、論文の数です。もちろんマイクやペンで手術が出来るわけではありませんが、「講演=医師に教授する」為には、人並み以上の症例数、経験の積み重ねは最低限必要ですし、それも漫然と数をこなしているだけでは無く、科学的な思考を持ちながら,人に伝えられるだけの技術と知識を蓄積しなければ出来ません。少なくとも、標準を下回る技量の人が,講演を依頼されることは無いでしょう。

 Doctor’s Teacher

 皆様の地域で、治したい病気に関して一番講演数の多い先生を,一度探してみましょう。

Page top