»続きを読む

大内眼科は白内障手術・多焦点眼内レンズで多数の実績を保有しています

MENU

術者が手術を受けてみた。

日頃は、手術を執刀してばかりの私ですが、実は一昨年、手術を2度受けました。

半月板損傷と右肘関節内滑膜肥厚、いずれも、趣味のテニスと下手なゴルフが原因の膝、肘の故障です。

手術患者になって一番に望んだことは、やはり「綺麗に治して欲しい」ということと、ダウンタイムの短さ、つまり早期の復帰でした。特に,私のように仕事を持っている社会的な生産性を持つものとしては,切実な問題です。そして、このことは、我々、白内障屈折手術の世界では、ずっと前から唄われている概念で、今も益々加速しています。改めて、当たり前のようにそれを追求している自分たちの仕事が、医学の中でも、とっても貴重である事を実感した次第でした。

 一方、自分の受けた二度の手術も、術後2日で退院し、その日から自分で車の運転もして、日常生活には直ぐに復帰できましたし、仕事も、外来診療は3日目から、手術は5日目から可能でした。


写真上は、膝手術翌日の退院時、像のように脚が浮腫んでいますが、ひと月も経てば、下のように、元通りで、ふた月後には、スポーツも再開できました。


 

小切開低侵襲を目指してきた関節鏡手術の技術に感謝。これも、我々の白内障手術同様、整形外科医・研究者の方々、関連産業の努力と工夫の積み重ねのお陰です。そして、そこには、過去のデータと闊達な討論が不可欠だったことを忘れてはいけません。

ところが昨今、医学、特に臨床研究の場では、様々な縛りが増え、かつてのようなスピード感を持った研究が進め難くなっています。

 

しかし、いつの時代も病気は待ってくれません。
私が受けた、膝、肘の小切開・関節鏡手術も、過去の精力的な臨床研究があったからこそ、可能になったわけですから、もしその時、色んな人が責任逃れのために沢山のルールを作って、その研究を遅らせていたら、私は患者として許せなかったでしょう。

研究や進歩は自分達のためではない、未来のためのものです。

 

だから私は、自分の手術ビデオ、臨床データ、切除切片など、後進と教育の為なら、私に断り無く有益に使って頂きたい。なぜなら、自分は医学の進歩の恩恵を受けたのに、自分は未来の患者さんのためにはなりたく無いなんて、私には考えられないから。

 

人類と病との戦いくらいは、性善説で人類一丸となって進めたい。
これは、医師:大内としての理解ではなく、患者:大内としての祈りです。

Page top